ロゴ

Book(書評) Writing

本記事では、情報が省略・歪曲・一般化されるときのパターンを紹介していきます。この記事を読むと「間違った思い込み」を解消できるので、コミュニケーションも上手くいきますよ。それでは詳しく解説していきましょう。

Book(書評) Writing

実はすべての人は、ある意味ですでに洗脳されています。それは、人は何らかの体験を認識するとき、それを歪曲したり一般化したりして理解せざる得ないからです。では、どうやって思い込みや先入観をなくすのか?本記事で見ていきましょう。

Book(書評) Writing

本記事では、話題を入れ子状態にして文章をつくっていく方法を紹介します。その名称は「ネステッドループ」と呼ばれるテクニックですが、聞いたことがない人の方が多いのではないでしょうか?詳しく解説していきます。

Book(書評) Writing

物語はものすごいパワーを持っています。小説のように細かく描く・会話文をうまく使う・五感を移動させるなどのテクニックを紹介していきます。例題もあるので、ぜひ挑戦してみてください。

Book(書評) Writing

本記事では、ストーリーが人を動かす理由を説明していきます。まずは、ストーリーの例として「鎖につながれた象」の物語を紹介します。知らない方には絶対に目を通してもらいたいです。

Book(書評) Writing

本記事で紹介する相手を洗脳する文章テクニックでは、あえて目的語をなくすことで相手に解釈させる方法を紹介します。動詞を名詞化することや助動詞を活用することも最後に詳しく解説していきます。

Book(書評) Writing

普段、当たりまえのように使っている「そして」などの接続語によって、相手をリードすることは可能です。相手を洗脳する文章テクニックを習得してライティングで稼いでいきましょう。

Book(書評) Writing

セールストークでも使用されている「前提挿入」を使うことで、買うか買わないかで悩んでいた相手を、買うこと前提にして話を進められるようになります。どんな方法か詳しく見ていきましょう。

Book(書評) Writing

否定語を言ってしまうと、一見そのとおりに動いてくれないと思いますが、そうではありません。それは一体どういうことでしょうか?本記事で詳しく解説していきます。

Book(書評) Writing

相手に何かして欲しいときに、そのまま命令すると相手は嫌な気分になって言うことを聞いてくれないでしょう。そこで本記事では、思わず動いてしまう「命令」の秘密を紹介していきたいと思います。