ロゴ

【1万円以下】腰痛持ちの僕が気になってる折りたたみマットレス5選

LIFE Stress care

折りたたみマットレスを購入したい人「折りたたみマットレスは収納できるからありがたいけど、折り目がズレたり折りたたみ部分に体が沈んだりするって聞くし…薄くて柔らかいと底付き感がありそう…。腰痛持ちでも快適なものがあったら知りたいなぁ、、。」

<< こんにちは、こうた(@arakou05)です。本記事では、腰痛持ちの僕が厳選した折りたたみマットレスを5つ紹介します。折りたたみマットレスの選び方と選ぶ際の注意点もお伝えします!

本記事の信頼性

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

折りたたみマットレスの購入をおすすめしたい方

  • 同棲している方
  • 1Kの一人暮らしの方
  • 活動中は部屋を広く使いたい方
  • 寝室とリビングが分かれていない方
  • ミニマルでシンプルな暮らしをしたい方

本記事で紹介する折りたたみマットレス5選【1万円以下】

腰痛持ちの快適な折りたたみマットレスの選び方


腰痛で悩んでいる方は少なくないと思います。
そこで、腰痛持ちでも快適に眠れる折りたたみマットレスの選び方を3つ紹介します。

以下の3つのポイントを意識して選んでみてください。

  • 【硬さ】
  • 【厚さ】
  • 【折り目】

また、選び方以外にも「折りたたみマットレスを選ぶ際の注意点」もお伝えします。

【硬さ】高反発マットレスを選ぶ


そもそも腰痛を悪化させないポイントは以下の3つです。

  • 腰部が沈み込まない
  • 寝返りがうちやすい
  • 長時間同じところに負荷をかけない

上記のポイントを踏まえると、「高反発マットレス」が腰痛持ちの方におすすめです。

【厚さ】8cm~10cmを選ぶ


敷布団など何も重ねない場合は、厚さが8cm~10cmの折りたたみマットレス一択です。

また厚みが8cm以下では、底付き感を感じてしまうので快適な睡眠は得られません。

快適な睡眠・収納性・持ち運びすさを全て求めている方は、8cm~10cmを選びましょう。

【折り目】三つ折りを選ぶ


以下では、折りたたみマットレスの種類とその特徴を説明します。

  • 二つ折り(△):折り目がちょうど腰やお尻の辺りにきてしまう
  • 三つ折り(◎):耐久性・収納性・快適さ全て兼ね備えている
  • 四つ折り(△):折り目が多すぎて睡眠姿勢のバランスを保てない
  • 五つ折り(△):折り目が多すぎて睡眠姿勢のバランスを保てない

注意点:低反発やスプリングコイルは避ける

ここでは折りたたみマットレスを選ぶ際の注意点を2つ紹介します。

  • 低反発の折りたたみマットレス:柔らかいので自立させて乾燥させにくい。腰痛を悪化させる恐れがある。
  • スプリングコイルの折りたたみマットレス:重量が重すぎる。折りたたんでもコンパクトにならない。

腰痛持ちにおすすめな折りたたみマットレス5選【1万円以下】

下記では、第1位〜第5位に分けて折りたたみマットレスを紹介していきます。
1万円以下で購入できる「シングル・セミダブル」の折りたたみマットレスを厳選しました。

僕自身マットレスにお金をかけたくないので、本記事では「1万円以下」にフォーカスしてまとめています。

また、本記事で出てくる「ニュートン」については以下を参照してください。

ニュートンの硬さ目安

  • N(ニュートン):硬さ
  • 100〜:硬い
  • 60〜100:普通
  • 60未満:柔らかい

*本記事で紹介するマットレスは、すべて「三つ折り」マットレスです。

第1位【アイリスプラザ】高反発折りたたみマットレス


【アイリスプラザ】高反発折りたたみマットレスは、5選のなかで一番硬い255Nです。

つまり、腰痛持ちの方に向いているマットレスになっています。また春夏(メッシュ地)/秋冬(パイル地)のリバーシブル仕様です。

シングル

  • サイズ:幅97×奥行195
  • 厚さ:10cm
  • 折りたたみ時のサイズ:幅90×長さ65×厚み27cm
  • 重さ:5.15 kg
  • 硬さ:174Nまたは255N
  • 側生地:ポリエステル100%(表ニット地/裏メッシュ地)

セミダブル

  • サイズ:幅120×奥行195
  • 厚さ:10cm
  • 折りたたみ時のサイズ:幅120×長さ65×厚み30cm
  • 重さ:6.00 kg
  • 硬さ:255N
  • 側生地:ポリエステル100%(表ニット地/裏メッシュ地)

*購入を検討している方は、以下から詳しい情報を確認してみてください。

価格

第2位【タンスのゲン】高反発折りたたみマットレス(竹炭消臭)


【タンスのゲン】三つ折り高反発折りたたみマットレスは、消臭効果のある竹炭を配合しています。
さらに、寝心地にもこだわった硬め220ニュートンのマットレスです。

シングル

  • サイズ:幅97x長さ195
  • 厚さ:10cm
  • 重量:6.5kg(中芯重量5.6kg)
  • 硬さ:220N
  • 側生地:シンカーパイル(ポリエステル100%)
  • 中材:密度30D高反発ウレタンフォーム

セミダブル

  • サイズ:幅120x長さ195
  • 厚さ:10cm
  • 重量:8.1kg(中芯重量6.9kg)
  • 硬さ:220N
  • 側生地:シンカーパイル(ポリエステル100%)
  • 中材:密度30D高反発ウレタンフォーム

*購入を検討している方は、以下から詳しい情報を確認してみてください。

価格

第3位【Mensu】高反発折りたたみマットレス


【Mensu】高反発折りたたみマットレスの裏面は、通気性の良い3Dメッシュ構造です。春夏(メッシュ地)/秋冬(ニット地)のリバーシブル仕様になります。

上位2つのマットレスと比べると210N(程よい硬さ)なので、腰痛持ちでない方にもおすすめできる商品です。

シングル

  • サイズ:約97×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:6.58 kg
  • 硬さ:程よい硬さの210N
  • 側生地:ポリエステル100%、ウレタンフォーム

セミダブル

  • サイズ:約120×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:7.00 kg
  • 硬さ:程よい硬さの210N
  • 側生地:ポリエステル100%、ウレタンフォーム

*購入を検討している方は、以下から詳しい情報を確認してみてください。
なお、1年間の品質保証があるので安心して購入できます。

価格

第4位【布団と寝具専門店カラーズ】高反発折りたたみマットレス


【布団と寝具専門店カラーズ】高反発折りたたみマットレスも、春夏(メッシュ地)/秋冬(パイル地)のリバーシブル仕様です。
1年を通して快適に使用できますね。

シングル

  • サイズ:約97×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:6.78 kg
  • 硬さ:程よい硬さの210N
  • 側生地:ポリエステル100%、ウレタンフォーム

セミダブル

  • サイズ:約120×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:8.18 kg
  • 硬さ:程よい硬さの210N
  • 側生地:ポリエステル100%、ウレタンフォーム

*購入を検討している方は、以下から詳しい情報を確認してみてください。

価格

第5位【tobest】高反発折りたたみマットレス(竹炭消臭)


【tobest】高反発折りたたみマットレスは、第2位と同様に「竹炭消臭」があります。

150Nなので5選のなかで一番柔らかいです。
ただ、100Nを越えているので程よい硬さはあります。

シングル

  • サイズ:約120×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:3.44 kg
  • 硬さ:150N
  • 中材:特殊凹凸カッティング竹炭配合高反発ウレタンフォーム

セミダブル

  • サイズ:約95×195
  • 厚さ:10cm
  • 重さ:4.30 kg
  • 硬さ:150N
  • 中材:特殊凹凸カッティング竹炭配合高反発ウレタンフォーム

*購入を検討している方は、以下から詳しい情報を確認してみてください。

なお、マットレス表面を凹凸加工している構造のため体重100kgを超える方には求める硬さが得られない場合があります。

価格

*上記のセミダブルリンクからは、直接セミダブルの画面に飛びません。
シングルの画面に移動します。

サイズ選択から「セミダブル」を選んでください。

まとめ:折りたたみマットレスで快適に眠ろう


本記事では、「腰痛持ちに特化した折りたたみマットレスの選び方」と「1万円以下で腰痛持ちにおすすめな折りたたみマットレス5選」を紹介してきました。

どれもオススメな商品ですが、腰痛持ちの方に特にオススメなのは第1位の【アイリスプラザ】です。
5選のなかで比較すると一番「硬く」、二番目に「軽い」です。

すでに【アイリスプラザ】を注文しましたので、実際に寝てみたレビューを知りたい方は次回のレビュー記事を参照してから購入してみてください。

ただ、「もう買いたい」という方は下記からどうぞ。