ロゴ

【完全初心者】Webライターがクラウドソーシングで月10万円稼ぐ手順

Freelance Writing

完全初心者Webライターだけど月10万円稼ぎたい人「最近耳にするクラウドソーシングサイトだけで、月10万円稼げるのかな……。実際に稼ぐ手順みたいなのがあれば知りたいな、、。」

↑こういった悩みを解決します。

<< こんにちは、こうた(@arakou05)です。完全初心者のWebライターで実績がなくても、本記事で紹介する手順で努力すれば月10万円稼げます。

本記事の信頼性

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

本記事の内容

  • ①:クラウドソーシングサイトのプロフィールをしっかり書く
  • ②:クラウドソーシングサイトのタスク案件で受注実績をつくる
  • ③:クラウドソーシングサイトのプロジェクト案件に応募する
  • ④:クラウドソーシングサイトで単価UPの交渉する

①:クラウドソーシングサイトのプロフィールをしっかり書く


下記のようなクラウドソーシングサイトやライター募集サイトに登録したら、まずはプロフィールを充実させていきましょう。

  • クラウドワークス:ライティング案件が充実しています。とりあえず登録しておきましょう。
  • ランサーズ:クラウドワークスとほぼ同じです。ただ、クラウドワークスより提案が通りづらい印象があります。
  • サグーワークス:高単価案件が揃っています(*プラチナライター限定)。プラチナライターになるためにはテストがあります。
  • ライターステーション:高単価案件をまとめて受注できる。仲介手数料が0円。登録する際にテストがあります。

クライアントさんからすると、業務委託してお金を支払う相手が、どんな人なのかちゃんと知っておきたいですよね。

クラウドワークスで月34万円稼いだ僕のプロフィールはこんな感じです。

プロフィールを書くうえで押さえるべきポイントは以下の3つです。

  1. 「経歴」「実績」「スキル」「得意ジャンル」「趣味」をわかりやすく書く
  2. Webライターとしての情報も書く(稼働可能時間、執筆速度、利用可能ツールなど)
  3. クライアントさんにとっての利益を伝える

たとえば完全初心者でも言える利益は、「ホウレンソウの徹底」「リサーチにしっかり時間をかける」「修正の対応が速い」など、努力の範囲内でできる内容がいいでしょう。

<< 僕は初期のころ、実績がなくて「なにも書くことがない……」と思ってました、、。

でも、プロフィールを通じて人として信頼してもらうことも目的の一つなので、上記のポイントを意識してぜひ書いてみてください。

クラウドソーシングサイトについて詳しく紹介している記事はこちらです >> 【2020年版】クラウドソーシングおすすめサイト5選【口コミあり】

②:クラウドソーシングサイトのタスク案件で受注実績をつくる


手順②では、初心者におすすめの「タスク案件」を受注して実績づくりをしていきましょう。

クラウドワークスで、ライティング・記事作成のタスク案件は「901件」ありました。
以下のように、「映画やドラマの感想」「番組の口コミ」など、簡単な文章を書く仕事があります。

あまり稼げませんが、タスク案件を数件こなすことによって、高単価案件を受けるために必要な「仕事をしたという実績」をつくることができます。

クライアントさんからすると、一件も受注実績がない人に仕事を任せたいとはならないからです。

プロジェクトのような稼げる案件の受注率を上げるために、数件ほどこなしてみてください!

③:クラウドソーシングサイトのプロジェクト案件に応募する


タスク案件を数件こなしたら、継続案件などもある『プロジェクト案件』に応募していきます。

クラウドワークスで、ライティング・記事作成のプロジェクト案件(固定報制+時間単制)は「2,048件」ありました。

以下のように、「記事・Webコンテンツ作成」「美容整形に関する記事作成」「フィットネス・ライフスタイル・ファッション・恋愛など様々なジャンルでの記事作成」など、1,000〜5,000字で記事作成する継続的な案件が多数あります。

Webライターとして稼いでいくためには、このプロジェクト案件をこなしていくのが大切ですね。

画像では、「2.0円」「2.5円」「0.3円」の案件を確認できます。
ただ、初心者の方はまず『1文字1円』くらいの案件に応募するようにしてください。

<< 1文字1円未満の案件で消耗しないようにしましょう!

実績が少ないときは、なかなか契約できないケースも多いですが、諦めずにいろんな案件に応募し続けてください!

④:クラウドソーシングサイトで単価UPの交渉する


実績が積みあがってきて、仕事に慣れてきたら単価UPの交渉をしていきましょう。

初心者のうちは、「単価交渉なんてしてもいいのかな、、契約解除とかにならないかな…。」と思うかもしれません。でも、その考えは捨ててOKです。
同じ単価で仕事を請け続けることは間違っています。

単価UP交渉すべき理由は?

あなたのWebライターとしての価値が高まり続けているからです。
※条件:最低でも2ヶ月くらい継続的に仕事をして、経験と実績が積みあげられている場合のみ。

上記のとおり、継続してWebライターの価値を高めて、定期的に単価UP交渉していきましょう。

まとめ:完全初心者でもクラウドソーシングサイトで稼げます


以下のクラウドソーシングサイトに登録して、手順どおりに努力を積みあげていけば、月10万円以上は稼げます!

まだ下記のサイトに登録していない方はこの機会にぜひ!

  • クラウドワークス:ライティング案件が充実しています。とりあえず登録しておきましょう。
  • ランサーズ:クラウドワークスとほぼ同じです。ただ、クラウドワークスより提案が通りづらい印象があります。
  • サグーワークス:高単価案件が揃っています(*プラチナライター限定)。プラチナライターになるためにはテストがあります。
  • ライターステーション:高単価案件をまとめて受注できる。仲介手数料が0円。登録する際にテストがあります。

Webライターに関する情報は、こうた『ウェブログ』Webライター×ブログ(@arakou05)でも発信しています。