ロゴ

Writingに関する記事一覧


Book Writing

本記事で紹介する相手を洗脳する文章テクニックでは、あえて目的語をなくすことで相手に解釈させる方法を紹介します。動詞を名詞化することや助動詞を活用することも最後に詳しく解説していきます。

Book Writing

普段、当たりまえのように使っている「そして」などの接続語によって、相手をリードすることは可能です。相手を洗脳する文章テクニックを習得してライティングで稼いでいきましょう。

Book Writing

セールストークでも使用されている「前提挿入」を使うことで、買うか買わないかで悩んでいた相手を、買うこと前提にして話を進められるようになります。どんな方法か詳しく見ていきましょう。

Book Writing

否定語を言ってしまうと、一見そのとおりに動いてくれないと思いますが、そうではありません。それは一体どういうことでしょうか?本記事で詳しく解説していきます。

Book Writing

相手に何かして欲しいときに、そのまま命令すると相手は嫌な気分になって言うことを聞いてくれないでしょう。そこで本記事では、思わず動いてしまう「命令」の秘密を紹介していきたいと思います。

Book Writing

本記事では、ダイレクトに相手の潜在意識に働きかける現代催眠について詳しく解説していきます。さらに、あまり馴染みのない「ミルトンモデル」についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

Book Writing

本記事では、残りの相手の心を開く文章テクニック⑹を紹介していきます。主な内容は、「なんとなく気があう」の正体についての解説です。VAKがポイントになります。詳しくは本記事で確認していきましょう。

Book Writing

本記事では、残りの相手の心を開く文章テクニック⑷〜⑹を紹介していきます。占い師が使っているテクニックについても解説しているので、興味のある方はぜひ!

Book Writing

本記事にはテキストを使ってお金を稼ぎたい人にとって、目からウロコの情報がたくさんあります。(興奮気味で記事を書いていました笑。)「あなた主体の文章」や「YESセット」などすぐに活用できるテクニックが満載です。

Book Writing

人は納得しないと行動しないことは知っていますか?今回の記事では、あらゆる人の心を開く「魔法の鍵」を教えます。本記事ではテクニックの前に重要な本質的な部分を説明していきます。