ロゴ

企業ホームページ構成の作り方【集客力とお問合せ数をUPさせる】

Freelance Marketing

企業ホームページ構成の作り方を知りたい人「企業ホームページの制作に携わったことがないから右も左も分からない……。でも制作できれば仕事の幅が広がるし実績にもなるから、とりあえず企業ホームページ構成の作り方を知りたい、、」

<< こんにちは、こうた(@arakou05)です。いずれは企業ホームページなどのWeb制作の仕事もしていきたいと考えているので、勉強のつもりでまずは「企業ホームページ構成の作り方」をブログで紹介していきます。

本記事の信頼性

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

企業ホームページ構成の作り方


本記事では、Web制作の初心者向けに「企業ホームページ構成の作り方」を3つの手順で解説していきます。

企業ホームページ構成の作り方3つの手順

  1. お客様が知りたい情報を洗い出す
  2. トップページに表示させるサービス内容を決める
  3. トップページを3段階に分けて表示内容を決める

1.お客様が知りたい情報を洗い出す

企業ホームページの構成を決める前に、まずはお客様のニーズを考えていきます。

お客様が何を求めてホームページに訪問したか分からなければ、お客様のニーズに対応したWebサイトを作成できません。

お客様が知りたい情報

  • サービスや商品の価格
  • お支払い方法
  • サービス内容
  • 事業内容
  • 会社の実績
  • 会社やサービスの特長
  • 代表者メッセージ
  • どんな人が働いているのか
  • サービスを使用した人の口コミ
  • よくある質問
  • 採用情報
  • お問い合わせ先

また、企業ホームページに掲載するべき情報は以下の6つです。

  • 会社概要
  • 事業紹介
  • 事例/実績紹介
  • 個人情報の取り扱い(プライバシーポリシー)
  • 採用情報(代表者メッセージ/社員紹介/仕事内容など)
  • その他の項目(お問い合わせフォームなど)

2.トップページに表示させるサービス内容を決める

次に、先ほど紹介した「お客様が知りたい情報」からメインメニューを6つほど決めてください。
他の情報は、そのメインメニューから枝分かれする感じがおすすめです。

続いて、「トップページに表示するサービス内容」を決めていきます。
トップページに表示させるサービス内容は、3つが好ましいです。

3.トップページを3段階に分けて表示内容を決める

上の画像は企業ホームページの「トップページのイメージ」です。
下記のように、大きく3つの段階に分けていきます。

  • ①:ファーストビュー
  • ②:本文(商品、サービス内容)
  • ③:クローズ文とCTA

①:ファーストビュー

「ファーストビュー」とは、トップページの1番上に表示されているヘッダー部分を指します。
お客様に企業をアピールするキャッチコピーや画像を載せるのがおすすめです。

例えば、お客様が企業の商品やサービスを使った後の「※ベネフィット」を載せてあげると効果的なファーストビューになります。

※ベネフィット:メリットの先にある満足感、嬉しい変化の表れ、プラスの体験など。

ファーストビューの内容によって、「本文/クローズ文」に読み進めてくれるかが決まります。

詳しくはこちら
>> ファーストビューの効果的な作り方

②:本文(商品、サービス内容)

2番目に表示する「本文」では、文章や画像を使って企業の商品やサービスをお伝えしていきます。

以下のようにタイトルと画像を組み合わせた表示にし、興味を持った人はクリックして別の詳細ページに飛んでもらう形が良いでしょう。

詳しくはこちら
>> 本文の効果的な作り方

③:クローズ文とCTA

最後に「お問い合わせ」などのCTAボタンを配置します。

なお、CTAボタンだけではなく「さらに詳しく知りたい方はお気楽にお問い合わせください」などのクローズ文章をCTAボタンの前に置くとさらに効果的です。

詳しくはこちら
>> クローズ文&CTAの効果的な作り方

*「CTA」について詳しく知りたい方はこちらから
>> CTAとは?思わずクリックしたくなる事例14選&CTA作成のコツをご紹介