ロゴ

【書評】相手を洗脳する文章テクニック⑤-2【接続語で相手をリードする】

Book(書評) Writing

普段、当たりまえのように使っている「そして」などの接続語によって、相手をリードすることは可能です。相手を洗脳する文章テクニックを習得してライティングで稼いでいきましょう。

こんにちは、こうた(@arakou05)です。

  • Twitterフォロワー「200人」
  • ブログ月間「約3,000PV」
  • クラウドワークスで月34万円稼ぎました

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

①から読みたい方はこちら

「相手をトランスへ誘うテクニック」というテーマにおける内容は以下の通りです。

  • 情報は正確無比には伝えられない
  • 日常でもよく使われる「前提挿入」
  • 前提を上手に挿入するワザ
  • 簡単に人をリードできる
  • リンキングの効果的な使い方
  • 大ざっぱに一般化して説得する
  • 話を鵜呑みにさせたいときに効果的
  • 「〇〇的」という表現で納得させる
  • 同じ効果が期待できる名詞化
  • 潜在意識は空白を埋めようとする
  • 目的語を欠落させれば相手に解釈させることができる
  • 可能性や必要性の助動詞で選択肢がなくなる
  • 相手との円滑なコミュニケーションを図る
  • 完全マスターするための最初の一歩

この本は、会話によるコミュニケーションでも重宝します。おしゃべりに自信があるという人も、そうではないという人も、ぜひタップしてみてください


簡単に人をリードできる


「リンキング(結合法)」とは、接続語をうまく使って、現実と望む方向をつないでいくという方法です。

たとえば、次のような文章です。

あなたは私の考えを知り、そして、ますます好奇心がそそられていくでしょう。

これは、「あなたは私の考えを知る」という現実と、「好奇心がますますそそられていく」という、書き手側の要望を「そして」という言葉でつないでいます。

この文章は一見なんともない文章のように見えますが、ちょっと考えてみてください。

もしあなたが他人の意見を聞いたからといって、絶対に「好奇心がそそられる」なんてことがあるでしょうか?

よくよく考えてみれば、好奇心がそそられる意見もあれば、そそらない意見もあるはずです。

しかし、特別におかしいとも思わずこの文章をサラッと読んだ人は、確かに好奇心がそそられる結果になるでしょう。

というのも、「あなたは私の考えを知り、そして、ますます好奇心がそそられていくでしょう。」という言葉に対して、潜在意識下では、無批判に「YES」と同意しているからです。

実際には、「私の意見を知る」ことと、「好奇心がそそられていく」ことは、何も関係ありません。

ただ、「そして」という前後の文を橋渡しする接続語があるだけで、なぜか関係性があるように思えてしまうのです。

リンキングの効果的な使い方


ここでは、リンキングの具体的な3つの方法を紹介します。

リンキング① 「そして」を使って同一性を暗示する

あなたはこの手紙を読むことで、〇〇の悩みについての解決法を知ることになるでしょう。そして、この手紙を読み終える頃、第一歩を踏み出す大きな決断をするに違いありません。

リンキング②「〜によって」「〜だから」「〜ながら」「〜するうちに」「〜すると」「〜している間」で原因を暗示する

催眠言語のパターンを学んでいくうちに、想像的な使い方ができるようになってきます。

①の「そして」を用いた方法が、単純に同一性を暗示させていただけなのに対して、②の方法は、「原因と結果」という形でつないでいます。

そのため、より強烈に相手の潜在意識に働きかけることができます。

リンキング③ 「AがあなたをBにする」という言い回し

今の決断が、2年後のあなたの年収を2倍にすることでしょう。

また、「〜させる」「引き起こす」など受動的な意味あいの動詞を用いることもできます。

  • 「投資はあなたを豊かにさせる」
  • 「信じるものは救われる」

大ざっぱに一般化して説得する


普遍的数量詞」と呼ばれる名詞を知っていますか?

たとえば、

  • 「すべて」
  • 「いつも」
  • 「常に」
  • 「どこでも」
  • 「誰も」

これらの言葉は、現象を一般化する力を持ちます。これらの言葉を使うことで、いつもそうであることを相手に伝え、そして、今後もそうであることを相手にイメージさせるのです。

たとえば、あなたがある販売会社の顧客サポートを担当していたとします。お客さんの中には、顧客サポートの範疇を超えた要望を言い出すお客さんもいるでしょう。

そして、あなたはその度を越えた要望に対して、やんわりとお断りしなければならない。そんなときこそ、普遍的数量詞の出番です。

みなさんそうしていただいています」というふうに普遍的数量を使って、説明すればいいのです。

そうすると、苦情をまくしたてること自体が生きがいのクレーマーでなければ、「みんながそうしているなら仕方ないか、、、」と思って、納得してもらえるでしょう。

話を鵜呑みにさせたいときに効果的


普遍的数量の持つ効果は、相手が話を鵜呑みにしやすいことです。

たとえば、

あの先生のセミナーはいつも盛り上がるよ」と言われると、「セミナーのうまい先生なんだな」と自然に認識します。

実際のところ、その先生が本当にセミナーが上手いかどうかは分かりませんが、少なくとも、相手にはそう思わせることができるのです。

先ほど紹介した「みなさんそうですよ」という言葉は、セールストークに多用されていて、「みなさんからとても便利だとお褒めいただいております」などととして利用されています。

この「みなさん」はいったいどのような人々で、本当に一人残らずそう言っているのか、本当のところはわからないのですが、一般的に「みんな」そう評価しているのかと、なぜか納得してしまうのです。

「〇〇的」という表現で納得させる


次の文章を読んでみてください。あなたはどう思いますか?

  • あの人は、私に協力してくれるので助かります。
  • うちの上司は、私の意見を否定します。
  • 彼はよく批判するので、私は苦手です。

あなたは思わず、こう聞き返したくなるのではないでしょうか?

  • 具体的にはどのような協力をしてくれるのですか?
  • 何をどのように否定するのですか?
  • 何をよく批判するのですか?

先の文章に欠けていたのは、目的語です。

通常、理解を深めるために動詞には目的語が必要です。なので、目的語がないまま動詞だけで説明されると、足りない部分を聞き返したくなります

ところが、次のように言い換えるとどう感じるでしょうか?

  • あの人は、私に協力的なので助かります。
  • うちの上司は、私の意見に否定的です。
  • 彼は批判的なので、私は苦手です。

今度は、なぜか納得してしまいます。何が違うかというと、先の例文では動詞だった言葉を「〇〇的」と名詞に変えているのです。

目的語ないにもかかわらず、動詞を名詞化したとたん、不足の違和感が解消され、文章は完結していると脳に判断させることができます。

同じ効果が期待できる名詞化


上記と同様のテクニックに「〇〇性」という言い回しがあります。

たとえば、

  • × :彼は協調しない。
  • ◯:彼は協調性がない。

また、抽象的な名詞も同じような効果が得られます。

たとえば、

「理解」という言葉は、もともとは「〜を理解する」という動詞ですが、「文章術を学ぶことは、新たな理解をもたらします」というように「理解」という抽象名詞にすると、目的語がなくても文章として違和感がなくなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。でもまだ本を買わないでください。このシリーズの記事を最後まで読んでから決めてください。


次回の記事はこちらです。
>> ⑤-3【不特定動詞で相手に勝手に解釈させる】