ロゴ

【書評】相手を洗脳する文章テクニック⑤-1【前提挿入で勘違いさせる】

Book(書評) Writing

セールストークでも使用されている「前提挿入」を使うことで、買うか買わないかで悩んでいた相手を、買うこと前提にして話を進められるようになります。どんな方法か詳しく見ていきましょう。

こんにちは、こうた(@arakou05)です。

  • Twitterフォロワー「200人」
  • ブログ月間「約3,000PV」
  • クラウドワークスで月34万円稼ぎました

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

①から読みたい方はこちら

「相手をトランスへ誘うテクニック」というテーマにおける内容は以下の通りです。

  • 情報は正確無比には伝えられない
  • 日常でもよく使われる「前提挿入」
  • 前提を上手に挿入するワザ
  • 簡単に人をリードできる
  • リンキングの効果的な使い方
  • 大ざっぱに一般化して説得する
  • 話を鵜呑みにさせたいときに効果的
  • 「〇〇的」という表現で納得させる
  • 同じ効果が期待できる名詞化
  • 潜在意識は空白を埋めようとする
  • 目的語を欠落させれば相手に解釈させることができる
  • 可能性や必要性の助動詞で選択肢がなくなる
  • 相手との円滑なコミュニケーションを図る
  • 完全マスターするための最初の一歩

この本は、会話によるコミュニケーションでも重宝します。おしゃべりに自信があるという人も、そうではないという人も、ぜひタップしてみてください


情報は正確無比には伝えられない


この⑤シリーズで紹介するのは、ミルトンモデルの1つである「省略」「歪曲」「一般化」をうまく使う方法になります。

具体的な説明に入る前に、少しだけお話ししておかなければならないのが、人間のコミュニケーションのモデルについてです。

実は人間は、情報を伝えるとき、「省略」「歪曲」「一般化」という3つの歪みを持って情報を発信しています。

そして、そのゆがんだ情報を受け取った相手は、ゆがみによって不足した情報を自分の経験によって補うということを「無意識のうちに」しています。

たとえば、「このご時世、みんな忙しくてたいへんだよね」とあなたが相手に言い、相手も「そうだよね」と同意してくれたとします。

一見、二人の会話は何事もなく成立しているように思えます。しかし実は、ここであなたが言った「みんな」とは、「相手と仲間数人のこと」を伝えていたのです。

しかし、相手は「世の中の不特定多数の誰か」と抽象的な意味で捉えていたらどうでしょう。解釈にゆがみが生じていますね。

本記事で解説するテクニックは、この「ゆがみ」を逆に利用し、催眠言語として活用するものです。

つまり、わざとあいまいな言葉を使って、相手に情報を補わせることで、YESを取りながら潜在意識に強く働きかける方法です。

日常でもよく使われる「前提挿入」


暗示の中でも比較的よく使われるのが、「前提挿入」というテクニックで、事実を故意に歪曲するテクニックです。

第1章で紹介したトイレの張り紙もこの手法でした。

たとえば、次のような文章があります。

商品を購入する前によく検討してください。

何気ない文章ですが、よくよく考えてみると「購入する」という行為が前提となってます。

「検討する」という行為は、購入する前にやってくださいと書いてあります。

つまり、否応なしに商品を購入したあとの自分をイメージするということになります。商品を購入してもらうときに重要なのは、お客さんにその商品を購入するイメージをしてもらうことです。

たとえば、自動車セールスの次のようなトークがあります。

シルバーにしますか?それともブラックにしますか?シルバーなら即納できますが、ブラッグなら2週間待ちです。

ここにも、「このクルマを購入するなら」という前提が隠されています。

したがって、お客さんの潜在意識の中に「買う」という前提を滑り込ませることができて、断られにくくなります。

前提を上手に挿入するワザ


前提を挿入する方法はたくさんあります。ここでは、とくに使いやすい5つの方法を紹介していきます。

前提挿入①:時間に関連する言葉を使う

  • 〜の前に
  • 〜のあとに
  • 〜しながら
  • はじまる
  • 終わる
  • すでに
  • まだ

具体的には、

  • 「宿題を終える前に話したいことがある」▶︎▶︎宿題を終えることを前提としている
  • 「あなたがこの仕事を終えたあとに、打ち合わせをしたい」▶︎▶︎相手がその仕事を完了することを前提としている

また、広告文などで「あなたはまだ、高い費用を払い続けるのですか?」と書けば、「今、あなたは高い費用を払っているんですよ!」と感じさせて、話を展開させることができます。

前提挿入②:順番に関連する言葉(序数)を使う

  • 最初に
  • 2番目に
  • 3番目に
  • 最後に
  • 先に

たとえば、セミナーのアンケート用紙に、

今日のセミナーの中で、家に帰られたら、まず最初に何からはじめられますか?

と書いておけば、最初に何か1つの行動を起こし、そして、次に別の何かを行動するということが前提となります。

もしこれを、

家に帰られたら、何か1つだけでもはじめてみてください。

と書いていたら、あまり大きな効果を期待できないでしょう。行動するか、しないかという選択肢を選ぶように命令しているだけだからです。

しかし、「まず何からはじめられますか?」と順序を問いかけることで、相手に「それなら最初はアレかなぁ」と実行する自分をイメージさせることができます。

前提挿入③:A or Bを使う

  • AかB
  • AやBあるいはC
  • さもなくば
  • または

選択肢を与えることで、少なくともいずれか1つがなされることを前提としています。

前提挿入④:自分の気づきを話す

  • 知る
  • 気づく
  • わかる
  • 理解する
  • 注目する

これらの言葉は、文章のすべてを前提にすることができます。

具体的には、

  • 「あなたががんばり屋さんであるということを、私は知っています。」▶︎▶︎私は、あなたに頑張ってほしいと思っているというメッセージを送っている
  • 「あなたは自分の魅力に気づいていますか?」▶︎▶︎読み手に魅力があることが前提となっている

前提挿入⑤:副詞や形容詞をたくみに使う

副詞や形容詞を使って、文章の内容を前提として滑り込ませます。

たとえば、

英語を学ぶことに意欲的ですか?

「英語を学んでいる、少なくともまったくの無関心ではない」という前提が挿入されています。

そのほかにも、

あなたがこの文章術を早くマスターされるかどうか、私にはわかりませんが、、。

この文は、「相手がこの文章術をマスターすること」が前提になっています。

次回の記事では、接続語で相手をリードする「リンキング」について解説していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。でもまだ本を買わないでください。このシリーズの記事を最後まで読んでから決めてください。


次回の記事はこちらです。
>> ⑤-2【接続語で相手をリードする】