ロゴ

【経験談】Webライターをやっていて良かったエピソード5選

Freelance Writing

Webライターをやっていてつらかったこともありましたが、もちろん良かったこともありました。今回はWebライターをやっていて良かったエピソードを5つ紹介します。

こんにちは、こうた(@arakou05)です。

  • Twitterフォロワー「200人」
  • ブログ月間「約3,500PV」
  • クラウドワークスで月34万円稼ぎました

Webライター時代のこと語ってます >> 【経験談】新卒フリーランスは甘いのか?【2年間を振り返る】

Webライターは大学の4年からやっていて約2年やりました。今回はWebライターをやっていて良かったエピソードを紹介しようと思います。

Webライターをやっていて良かったエピソード5選


Webライターをやっていて良かったエピソードを5つ紹介します。

人間関係で悩まない


Webライターはネット上のやり取りだけで仕事を進めていくので、直接人と会うことがありません

僕の場合、基本的にチャットワークというメッセージツールのみで連絡をしていました。ただ、記事の修正する箇所なども文章でのやり取りのみなので、修正点がわかりづらい時は連絡し直したりして時間がかかります。

約2年Webライターをしていましたが、メッセージツールのみでも問題はありませんでした。もちろん、会議・飲み会・上司への気の遣いなどないので、無駄なストレスはかかりません。

ネット上のやり取りだけで仕事ができる職業はWebライター以外にも豊富にあるので、もし人間関係で悩んでる人は他の働き方にも耳を傾けてみてください。サラリーマンの方は以下で紹介している副業を参考にしてみてください。
>> 【在宅・リモートワーク】サラリーマンにおすすめ副業6選

満員電車に乗らない


自宅にWi-Fiがある場合、自宅で仕事できるので通勤時間がゼロになります。僕の家にはWi-Fiがあるので自宅が仕事場です。

ずっと家でやっていて、たまに気分転換したい時にはカフェとかでやることもできます。最近僕は週3回くらいでスタバに行っています。

サラリーマンの方の多くは通勤時間がかぶるので、車の方は渋滞で悩まされ電車の方は満員電車で消耗してると思います。一方でWeb系フリーランスはそういったストレスは一切ありません。

僕は就職したことがないので通勤時間ゼロに慣れていますが、サラリーマンの方にとっては新鮮で気持ちが楽になりストレスも解消されると思います。

休みたい時に休める


僕が契約していたクライアントは記事を予約してから1週間が納品期限だったので、割と時間がありました。一切記事を書きたくない時は記事を予約しなければいいので休みたい時に休めます

やろうとすれば1ヶ月休みなしで働いて、次の1カ月はまるまる休むことも可能です。(やったことはありません…。)

就職している人は基本的に仕事の日は休めないと思います。でも仕事場に行きたくない朝は何度もやってくると思うので、いつでも休めるフリーランスの働き方はおすすめです。

朝が苦手な人は午後から仕事すればいいし、早起きが得意な人は午前中で仕事を終わらせてもいいのです。そんな自由な働き方がWebライターになればできます。

興味があるジャンルが書ける


Webライターの良いところは、自分の興味あるジャンルや得意な分野の記事だけを書けることです。例えば以下のようなジャンルがあります。

  • 医療/健康/美容
  • フィットネス
  • アウトドア
  • ファッション/インテリア
  • 金融/投資/FX
  • 不動産/住宅
  • 家電/ガジェット
  • 転職/副業
  • 占い/スピリチュアル
  • アプリ
  • 葬儀
  • 恋愛/婚活
  • ゲーム/カジノ
  • アニメ/映画/漫画

このようにWebライターが書けるジャンルは豊富なので、自分の興味あるジャンルが1つはあると思います。

Webライターで稼いでみたい方は読んでみてください。
>> 【2020年版】クラウドソーシングおすすめサイト5選【口コミあり】

僕は今までに旅行・アウトドア・フィットネス・災害・アプリ・太陽光発電などについて書いてきました。興味あるジャンルについて書ければ仕事自体が楽しくなりますし、飽きもしなくなります。

書いた分だけ報酬がもらえる


フリーランスのWebライターは給料制ではなく、成果報酬型なので書いた分だけ報酬がもらえます。サラリーマンでもインセンティブがある職種の人は成果報酬があるのでしょう。

Webライターの特徴は毎月の売上を調整できる点です。生活コストを落としてあまり稼がない働き方もできます。

ミニマリストの人は月に10万くらい稼げば普通に生活できると思うので、働く時間を少なくしてプライベートを充実させる生き方も良いかもしれません。

また、こちらの記事も参考にしてみてください。
>> 【経験談】Webライターでのつらいエピソード7選